プロジェクトイニシエーション 月間イニシエーション 週刊管理 毎日の管理 月の締め切り プロジェクト終了 プロジェクト後の管理 スポンサーの指定 A01 プロジェクトマネージャーの指定 A02 要となるチームメンバーの指定 A03 プロジェクトの説明 A04 成果物の識別、計画 A05 リスクとプラン対応の計画 A06 プロジェクトイニシエーションのピアレビュー A07 継続か中止かの決定 A08 プロジェクト開始 A09 焦点を当てたコミュニケーションの実践 A10 プランの修正、改良 B01 月間サイクルのビアレビュー B02 継続か中止かの決定 B03 月間サイクルの始まり B04 焦点を当てたコミュニケーションの実行 B05 測定とレポートパフォーマンス C01 逸脱への対応計画 C02 週刊サイクルの始まり C03 焦点を当てたコミュニケーションの実行 C04 リスク、問題、変更リクエストの管理 D01 完了した成果物の承認 D02 関係者の満足度査定 E01 改善に向けたレッスンとプランの取り込み E02 焦点を当てたコミュニケーションの実行 E03 製品引き渡し F01 関係者の満足度査定 F02 終了するアクティビティグループのピアレビュー F03 プロジェクト文書のアーカイブ F04 お祝いしましょう! F05 焦点を当てたコミュニケーションの実行 F06 有益性の査定 G01 新しいアイデアの生成 G02 焦点を当てたコミュニケーションの実行 G03

Introducere

A - プロジェクトイニシエーション

B - 月間イニシエーション

C - 週刊管理

D - 毎日の管理

E - 月の締め切り

F - プロジェクト終了

G - プロジェクト後の管理


D01 - リスク、問題、変更リクエストの管理

この管理アクティビティは毎日の管理 アクティビティグループに属します。毎日完了されます。

リスク、問題、変更リクエストを積極的に管理しなければなりません。新しいアイテムを識別したら、すぐにフォローアップ登録に記録してください。その後に、そのフォローアップアクティビティを管理者(チームメンバーのひとり)に指定し、アイテムに対する対応を計画し始めます。継続的にチームメンバーやその他の関係者に連絡を取って、リスクや問題を識別します。

他のチームメンバー、または外部関係者からも助けてもらって、アイテムに対応することができます。複雑な場合には、チーム全体を集めて、それらすべてのためにワークショップを促し、 集団の知恵 を利用して、総合的な対応を提案することができます。重要な場合には、スポンサーを伴うほか、あなたの対応プランに対してスポンサーの承認を求めなければなりません。

フォローアップ登録テンプレート

目的

主な目的は、自動的に解決させるのではなく、リスク、問題、変更リクエストに積極的に対応することです。そうすることで、コントロールと最適な成果を得る可能性を得られます。

記憶や構造化されていないメモに頼ると、精神的なエネルギーが多くかかり、アイテムを忘れるというリスクにさらされます。そのため、識別されたらすぐにアイテムを記録するために簡単な登録と自制力があることが最適です。

すべてのアイテムを管理することにはあまりに多くの時間とエネルギーがかかります。だからこそ管理者の指定が必要となるのです。仕事の分散に加え、誰もが同じ目標に足並みを揃えることにも役立ちます。

共通の落とし穴

以下のことを考慮し、この分野で最も共通する問題の一部を避けましょう。

原則

以下の原則は、この管理アクティビティで重要な役割を果たします。



⊚ ダウンロード可能なPDFのマニュアル

⊚ 図表をダウンロード

⊚ お知らせメールに登録

ご意見を共有していただき、ありがとうございます。以下のことにご注意ください。

  • 簡潔、明確にお書きください。
  • お好きな言語でお気軽にお書きください。
  • 複数の提案がある場合には、別々にご送信ください。

お客様のご提案がプラスの改善となる場合には、貢献者としてお客様を喜んでクレジットを提供いたします(このフォームにお客様のお名前とメールアドレスを提供する場合)。



ウェブ上のランダムなボットと区別するために、下記にP3.expressアクティビティグループ数をご入力ください。


よろしければ、お客様のコメントについて話す必要がある、または投稿者としてお客様にクレジットを与える場合に、お客様のお名前とメールアドレスを当社と共有することができます。




It's best to use micro.P3.express instead of the regular P3.express if you have micro-projects with 1 to 5 team members.